FC2ブログ
2021 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 07

一線を越えた人の勝ち

 【20//2010】

兵庫県 姫路市の輸入車販売 【GRAND ROSSO】 グランロッソ「M]の日記


寒かった変な天候も終わり、桜満開の姫路です。
ぽかぽかと温かくなってくると、スポーツカー乗りたい症候群の
人がそろそろ増えてくる季節ですね。

でも、例のリーマンショック以来世界経済は冷えています。
海外のオークションでも、自慢のコレクションを売却する人が
いっぱいで、けっこういいのが出回ってます。

スポーツカー、それもフェラーリやランボルギーニとなると
「ああ、夢の世界のクルマ」、「俺にはどうせ無理だよ・・・」と
いう片がいらっしゃいますが、実は今こそが「買い」のチャンスなのです。

国内のスーパーカー相場も一部のスペチアーレやヴィンテージモデルを除くと
意外なほどに過去の相場と比べると、買いやすくなってます。

スーパーカーは会社経営者やお医者さん、芸能人などの乗るもの・・・。
それはもう過去の話です。今は「普通のサラリーマンが買う時代」なんです。

と、ここに一人の30代のごく普通のサラリーマンがいます。
例えばその会社員の方をAさんとしましょう。

年収は世間相場並みか、会社業績低迷でそれよりもちょっと低いくらいです。
Aさんは、5歳年上の兄の影響で、スーパーカーを憧れ続けてきた一人。
今は国産車ですが、いずれはフェラーリという「夢」があります。


そしてもう一人、小さな会社の跡継ぎのBさん(40代)がいます。
Bさんは年収もAさんよりもかなり多く、ごく知られた輸入車に乗っています。
Bさんも当然にスーパーカー世代で、フェラーリとランボルギーニにずっと憧れ、
こうこつと貯金もしてきました。


Aさんは「フェラーリに乗りたい!」という気持ちは誰にも負けていません。
狙っているのは「F355」。初期型のエンジンレスポンスのよい700~800万円までの
程度のいいのをずっと探しています。そして、絶対に乗ってやるという「確信」があります。
しかし、頭金らしき貯金はほとんどありません。


Bさんは、とりえず「ガヤルド」に乗りたい・・・けども問題は家庭の事情(奥さん)です。
出来ればEギアで楽チンドライブも出来たら・・・という漠然とした「希望」です。
予算は1200万円、半分はキャッシュで残りはオートローンでという考えです。


そしてある日、二人は偶然にコレだと思うクルマに巡り合います。


Aさんは、自分の乗ってる国産車を売却してほんのわずかな頭金をつくり
オートローンの申し込みをします・・・が、ローンの審査には通りませんでした。


Bさんは、ローンの審査にも楽々とパスしました。
しかし、問題の「奥さん」の承諾がとれていませんでした。
女性は、男の乗り物には興味なし、もしくは拒絶反応を示す傾向があるようです。
自分自身の物なら、どんどんと何でもかんでも買ってしまいますが・・・。
あれこれと「家内財務大臣」に交渉してみましたが、らちがあきません。
そのまま、購入に向けてレッツゴーというには至りませんでした。


Aさんは、審査に落ちたものの、どうしても目の前の「F355」を
諦めることが出来ません。なんとか、いい方法は無いものか・・・。
Aさんは思い切って自身の親御さんに頭金の申込をします。
にわかに増えた頭金をもとに、信販会社を変えて再度トライです。


けれども、あえなく審査には通りませんでした。


しかし、Bさんと違ってAさんは「絶対に」という「確信」があります。
信販会社を変更し、さらに信用のある保証人を付けるという
最後の手段に打って出ました。


結果は・・・保証人を見つけてきたAさんお努力の甲斐あって
なんとか審査に通りました。


試行錯誤の期間約1ヶ月、ついに最長回数のローンを組むことに成功です。
実際には、Aさんの年収よりも「F355」の方が高い金額です。
けども、フェラーリというクルマ、買ってからの資産の目減りが他のクルマと
比べるととんでもなく少ないということ。ここがポイントです。

高額な車両ですから、車検証名義は信販会社の所有になっています。
そして使用者がAさんです。信販会社は「所有権留保」といって
ローンを組んだクルマを自社名義にして「担保」として登録します。

要はその「担保」の価値がどうなのか?ということが重要なんです。
買うときに高くて、3年乗るとその「担保(資産)価値」がいきなり
ローンを組んだ金額の30%ぐらいまで下がってしまうもの・・・

たとえば、メルセデスAMGやBMWのアルピナなどがそうです。
新車はバカ高いですが、3年乗ると・・・です。

それに比べると、フェラーリやランボルギーニなどのスーパーカー系
特にフェラーリなんかは、3年乗っても資産価値が30%まで下がるということは
まずありえません。どんなに低く見積もっても60%くらいの価値は残ります。

信販会社はその「資産価値」が、数年たっても十二分にあるという
クルマに対してはローン審査を通しやすいのです。

フェラーリ大乗教の清水草一ではありませんが
Aさんは「乗らずに死ねるか」の気持ちがあったのです。

AさんとBさんとの違いは・・・「思い」の強さでした。
一線を越えたAさんは極上のフェラーリライフを堪能、お金のかかる趣味も
パッタリとやめ、もしものトラブルに備えて貯金も始めました。
というか、フェラーリがあると、ほかに趣味なんかなくてもという境地です。

対してBさんは、その購入の件以来「家内財務大臣」との折り合いが悪く
どうもしっくりこない毎日を過ごすことになっています・・・。


自己啓発の本とかによくこんな話があります。

アメリカのゴールドラッシュ時代。
男達は一攫千金を夢見て「金」の掘削に群がりました。

その中の一人に「ダービー」という男がいました。
ダービーは掘削機を買い、鉱脈の地図を片手に毎日掘りつづけました。

しかし、何か月経っても金の鉱脈にはあたりません。
「もうここには鉱脈は無い」とあきらめたダービーは
その掘削機と使用人もろともある掘削技師に二束三文で売却します。

譲り受けたその掘削技師は、地図を読み、「絶対にここにある」と確信。
そして掘削を再開すると・・・。

ダービーが途中でやめたところから、ほんの1メートル掘ったところ
金の大鉱脈を掘り当てることに成功し、大金持ちになりました。

その話を後で知ったダービーは、途中で諦めたことを深く反省しましたが
もう後の祭りです。あともうちょっとの気持ちがあれば、立場は逆転していました。

というお話です。

夜明け前は一番暗い・・・とよく言われますが、その通りですね。
スーパーカーも決して諦めてはいけませんよ。

絶対になんとかなるという気持ちがあれば大丈夫です。
Mはその応援と、夢を叶えるお手伝いが仕事ですから
何でも相談してくださいね。

人生一度きり、来年の今頃に必ず元気で生きてるという保証は
誰にもありません。「一線を越えた者勝ち」、先に「買ったもの勝ち」デス。


で、Mにも一線を超えたいと思っているものが・・・。
それはまた明日。














スポンサーサイト



Category: 日記

Comments (2)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Comments

思わず拍手しました。

大乗フェラーリ教教祖「清水さま」。日本で初めて「348」を欠陥車!と言い切った男として有名ですね。彼の著書は結構読んでますよ! お気に入りは最初に読んだ「そのフェラーリください」
ですね。 その中には「一線を超えた男たち」の話が多数あります。

自分の好きなクルマに強い想いを抱く人たち。。。
そんな方々の夢をかなえるお手伝いができるなんて 素晴らしいことですね☆
ボクもそんな仕事がしてみたいです。

そして自分も「一線を超える人」になれるようがんばります。
いいお話ありがとうございました。

Posted at 17:19:27 2010/04/21 by HALU

Comments

有難うございます。

私も清水さんの書いた本、大好きです。
「M」は本の内容以上に好き勝手なことを一通りやってきましたe-260
けども、クルマでだけは後悔したくないタチなもので・・・。

本の内容は、実に確信をついてますね、
でも、「一線を越えた男たち」は人生の最後は絶対に笑顔だと思います。

「M」も家族には、もし何かの不幸で急にこの世から居なくなったら
お墓は作らんでいいから、「灰」をデイトナスパイダーの残骸とともに
モナコの碧い海に撒いてくれ・・・と。

自分なりに最後のときは、デイトナ・スパイダーでクルマもろとも一気に・・と
思ってますので、まだまだ昇天できそうにありませんね。
デイトナ・スパイダーを自分のものにするのはいつの日になることやら・・・。


いつも「アホちゃう?」と言われてますが、本気です。


PS HALU様のブログ発見しましたよ~。

Posted at 18:13:20 2010/04/21 by grand rosso 「M」

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する