FC2ブログ
2021 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 07

レッドブルは強かった!

 【05//2010】

兵庫県 姫路市の輸入車販売 【GRAND ROSSO】 グランロッソ「M]の日記


昨日のマレーシアGP、ちゃっかり見てしまいました・・・。
結果は分かってはいたのですが、その攻防が面白くて。


前日の予選では、賭けに出たレッドブルのウエバーが1位、メルセデスの
ニコ・ロズベルグが2番手、レッドブルのベッテルが3番手、以下
04. スーティル(フォース・インディア)
05. ヒュルケンベルグ(ウィリアムズ)
06. クビサ(ルノー)
07. バリチェロ(ウィリアムズ)
08. シューマッハ(メルセデスGP)
09. 小林可夢偉(ザウバー)
10. リウッツィ(フォース・インディア)
11. ペトロフ(ルノー)
12. デ・ラ・ロサ(ザウバー)
13. ブエミ(トロ・ロッソ)
14. アルグエルスアリ(トロ・ロッソ)
15. コバライネン(ロータス)
16. グロック(ヴァージン)
17. バトン(マクラーレン)
18. トゥルーリ(ロータス)
19. アロンソ(フェラーリ)
20. ハミルトン(マクラーレン)
21. マッサ(フェラーリ)
22. チャンドック(HRT)
23. セナ(HRT)
24. ディ・グラッシ(ヴァージン

の順番でスタート。予選とはうってかわって晴天のレース。

2863.jpg

スタートでは、いきなりベッテルが絶好調のミートを決めてトップに浮上。
やりますわ、この兄ちゃん・・・。
20番手スタートのマクラーレンのハミルトンも怒涛の勢いで13番手まで浮上です。

2871.jpg

レースは10週目、メルセデスのシューマッハのマシンにトラブル発生!
あえなくマシンから降りてリタイヤしました。
150104_convert_20100405102405.jpg

12週目に入る頃には、ベッテルが後続の同僚ウエバーに1秒以上のリードをもって
余裕のドライブ。そのころ20番手スタートのハミルトンンも6番手にまで浮上。

しかし、レッドブル勢の勢いは止まるところを知らず・・・。
23週目に先頭ベッテルがピットイン、そのままハミルトンの前でコースに復帰。

55週目、フェラーリのアロンソが前回の覇者であるバトンに並びかけるも
マシンから煙を出してそのままコースアウト・・・。

レースはレッドブルがそのままポジションをキープしたまま1.2フィニッシュ!

2876.jpg

念願叶ってやっと優勝を手にできたべッテル、喜びもひとしおです。

2885.jpg

今回の順はこんな感じになりました。

01. ヴェッテル(レッドブル)
02. ウェバー(レッドブル)
03. ロズベルグ(メルセデスGP)
04. クビサ(ルノー)
05. スーティル(フォース・インディア)
06. ハミルトン(マクラーレン)
07. マッサ(フェラーリ)
08. バトン(マクラーレン)
09. アルグエルスアリ(トロ・ロッソ)
10. ヒュルケンベルグ(ウィリアムズ)
11. ブエミ(トロ・ロッソ)
12. バリチェロ(ウィリアムズ)
13. アロンソ(フェラーリ)
14. ディ・グラッシ(ヴァージン)
15. チャンドック(HRT)
16. セナ(HRT)
17. トゥルーリ(ロータス)

ポイントも接戦状態で、どこが強いというのはまだまだこれからですが
レッドブル優勢(マシンが壊れなければ・・・)というのは変わらないようです。

次のGPは4月18日、中国上海です。
混戦状態から抜け出すのはやっぱりレッドブルなのでしょうか・・・?























スポンサーサイト



Category: F1

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する