FC2ブログ
2021 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 07

レッドブルの速さの秘密

 【02//2010】

兵庫県 姫路市の輸入車販売 【GRAND ROSSO】 グランロッソ「M]の日記

大波乱のオーストラリアGPからもう1週間が経とうとしています。
明日はマレーシア・セパンサーキットでの第3戦の予選です。

f996d93c-s.png

長いストレートがふたつあるこのサーキット、全長:5.543kmで過去の最速ラップタイム記録は
2004年に「ファン-パブロ・モントーヤ」ウィリアムズ-BMWが出した1分34秒223。
この記録も多分、レッドブルが破りそうな気がします。

2628.jpg

というのも、レッドブルのマシン「RB6」には可変車高システムが搭載されているという
もっぱらの噂・・・。今年から燃料補給が禁止になり、スタートからは160キロも重い
状態でスタートします。他のチームのマシンは重さで底を擦るのに、なぜかレッドブルの
マシンだけは擦らないといいます。

レッドブルを除く4強チーム(マクラーレン、メルセデス、フェラーリ)は、
圧縮ガス式の可変システムをレッドブルが搭載していると推測。
自らも可変車高システムに着手しているようです。

規約では、サスペンション・システムに影響を与える「動力装置」を禁止しています。
ただ、別の規約で「マシンが動いている間」の調節を禁止しているのです・・・。

さらに、予選後および決勝前にマシンの「圧縮ガス」を「排出または追加」することを
認めているのです。レッドブルは規約を破ることなく、うまく「解釈」してこの可変車高
システムを使っていると推測できますね。予選では空に近い燃料ですので、車高は下げ気味に
そして燃料を満タンにした決勝では、車高を上げる と・・・。

今年のレッドブルはひとつ頭リードしてるようです、怖い物知らずのベッテルもさることながら。
あとはマシンの耐久性・信頼性UPが出来ればもっと強くなる気がします。
そうこうするうちに、他のチームも可変システム搭載でやってくると思いますが・・・。

このマレーシア、レース中に「スコール」に会わないようにしないといけません。
突然の「スコール」に見舞われた、前回の王者バトンです。

2683.jpg

そして、まだまだ勘が取り戻せていないような、おっちゃん達のアイドル「シューマッハ」

2694.jpg

彼にもそろそろ表彰台に上がってもらわないとね・・・。









スポンサーサイト



Category: F1

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する