FC2ブログ
2018 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 10

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

2大スター共演!!

 【23//2012】

あのポール・マッカートニーと
ブルース・スプリングスティーンの共演という
夢のジョイントがロンドンでありました。


springsteen-mccart_2277338b.jpg


以下コピペ

************************************************************

ロンドンのハイド・パークで土曜(7月14日)開催された
ブルース・スプリングスティーン&Eストリート・バンド野外コンサート、
3時間あまりにわたったステージは、特別ゲストのポール・マッカートニーを
迎えクライマックスとなった。

350エイカー(約1.42平方キロ)もの会場はまさに興奮のるつぼと化したが、
ポールとブルースによる「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」、
「ツイスト&シャウト」が終わると突然、マイクの音が切られ、
観客の歓声だけが空しく鳴り響いた。

周囲が高級マンションに囲まれたハイド・パークは、
住民の騒音に対する苦情が殺到したため、夜10時半以降の音量規制があり、
2013年はコンサート数が13から9つに、オーディエンス数も現在の8万人から
6万5000人に規制される予定だという。

主催者によると、ブルース・スプリングスティーンが
ポール・マッカートニーを迎えた時には、

springsteen-mccart_2277339c.jpg


すでに30分も規制時間を越えていたそうだ。

しかしながら、Eストリート・バンドのギタリスト、
スティーヴ・ヴァン・ザンドは、この処置はファンの意志をまったく無視したものだ、と反発。
「あの場で、もう1曲二人の演奏を聴きたくなかったのはロンドン警官だけだ。
土曜の夜に誰が迷惑を被るんだ。恨みはしないけれど、俺たちの大事なファンたちは、
ロンドンの馬鹿げた規制のため、決していい気持ちはしなかっただろう」と、
不満をツィッターで表した。

一方、ロンドンのボリス・ジョンソン市長も、
「規制を過度に解釈した判断だったと思う。
もし、その時、私が判断を求められていたら、
市長の名において二人のジャムを続けるよう命じていただろう」と、
ラジオ出演時にこの話題に言及。

少なくとも、オリンピック開催期間中にこんなことは二度と起らないことを確約した。

***************************************************************************************

なかなか住宅街の近くでの
コンサートは難しいようですね。

「M」ならこの二人の音楽が
聞こえてくるのなら許します

演奏した曲がまたいいですね!


springsteen-mccart_2277340b.jpg


ビートルズの
「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」と
これまたビートルズのオリジナルかと
思われている「ツイスト&シャウト」

二人の共演をどうぞ






ヴィンテージ&プレミアム輸入車 【GRAND ROSSO】

E-mail:http://www.grandrosso.com/src/search/contact/contact.php?shop=1488

GRAND ROSSOホームページ http://www.grandrosso.com/

ブログ http://grandrosso.blog48.fc2.com/

ツイッター http://twitter.com/grandrosso



〒671-1152 兵庫県姫路市広畑区小松町2-75
TEL:079-236-8000 FAX:079-236-8355
OPEN AM10:00~PM7:00 毎水曜日定休



スポンサーサイト

Category: 音楽

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。