FC2ブログ
2021 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 07

BS 「SONGS」

 【31//2012】

兵庫県 姫路市の輸入車販売 【GRAND ROSSO】 グランロッソ「M]の日記



先日たまたま、
テレビでBS放送の番組表を
見てみると・・・。


ふむふむ・・・
10時から、SONGSプレミアム

誰やろ??

何?「イーグルス/ダリル・ホール&ジョン・オーツ」!!


これは見逃すわけにはいきませんので
じっくり1時間楽しませてもらいました。

イーグルスのも
ホール&オーツのも
昨年の放送されて反響が大きかったので
今回あらためてこの2組を再放送することに
なったのだとか。

Eagles+2007271035458230.jpg


まずはイーグルス

SONGSのHPからコピペ

今年、結成40周年を迎えたイーグルス。
ウエスト・コースト・ロックの最高峰といわれる彼らの名曲の数々をお送りします。
また、オリジナル・メンバーであるグレン・フライとドン・ヘンリーがSONGSの単独インタビューに応じてくれました。二人の貴重なトークから、今なお愛されるイーグルスの歌の魅力に迫ります。


1971年結成。1972年アルバム「イーグルス」でデビュー。
1976年に発表したアルバム「ホテル・カリフォルニア」が全世界で
1000万枚を超える大ヒットを記録。ロック史に残る名盤となる。
1982年解散するが、1994年再結成。以後、2枚のアルバムを発表し、
ワールド・ツアーを断続的に敢行。その健在ぶりをアピールしている。
現在のメンバーは、グレン・フライ(Vo、Gt)、ドン・ヘンリー(Vo、Dr)、
ジョー・ウォルシュ(Vo、Gt)、ティモシー・B・シュミット(Vo、Ba)

番組でフルに流れたのはこの3曲

①テイク・イット・イージー(1972)

②ホテル・カリフォルニア(1976)

 レコーディングに8ヶ月を費やした大作
 「ホテル・カリフォルニア」のタイトル曲。
 批判に富んだ歌詞、心に響くメロディー、
 そして歴史に残るツイン・ギターのフレーズ。

 記録的なレコードセールスは勿論、
 
グラミー賞アルバム・オブ・ジ・イヤーも受賞。ア
 アメリカン・ロック史上最高傑作といわれている名曲。
 映像は当時のライヴを収録したもの。
 PVとして有名な作品で、ファンの間では今でも親しまれている。

③デスペラード(ならず者)(1973)

19世紀末のアメリカに実在した強盗団をモチーフにした
コンセプト・アルバムのタイトル曲。ヘンリー=フライのコンビによる
バラードの名曲で、リンダ・ロンシュタット、カーペンターズ、
平井堅など内外の数多くのアーティストがカヴァーしている。

まあ、1日に1回以上は聞く曲ですが
このライブでのツインギターは
やっぱり何度見ても感激です


Eagles - Hotel California 投稿者 hushhush112


つづいてはホール&オーツ

31570_1.jpg


ちょうどイーグルスが解散するくらいから
ブレイクしはじめた2人組。

80年代最も売れたポップス・デュオと称される、ダリル・ホール&ジョン・オーツ。
今年、6年ぶりの来日公演が決定しました。
番組では、来日直前のダリル・ホールにSONGS独占インタビューを敢行。
彼らのヒット曲の数々を、ダリル・ホールの話を交えて紹介し、ホール&オーツの音楽の魅力に迫ります。


1972年、ダリル・ホールとジョン・オーツで結成。同年にアルバム「ホール・オーツ」でデビュー。
1974年に発表したシングル「シーズ・ゴーン」、76年発表した「サラ・スマイル」がヒットしたあと、
77年の「リッチ・ガール」が初の全米ナンバー1ヒット。
1980年代に入ると「キッス・オン・マイ・リスト」「プライベート・アイズ」
「アイ・キャント・ゴー・フォー・ザット」「マンイーター」「アウト・オブ・タッチ」と
立て続けに全米No.1ヒットを記録し、名実共にアメリカン・ポップスを代表するデュオとなる。
その後も今日までコンスタントに活動を続けている。

SONGSでフルに流れたのは

①リッチ・ガール(1976)

②{全米No.1ヒットソングメドレー}
 キッス・オン・マイ・リスト(1980)
 アイ・キャント・ゴー・フォー・ザット(1981)
 マンイーター(1982)

③シーズ・ゴーン(1973)



Maneater/Hall & Oates 投稿者 gaimon5656

やっぱり70年代~80年代のはいいですわ



ヴィンテージ&プレミアム輸入車 【GRAND ROSSO】

E-mail:http://www.grandrosso.com/src/search/contact/contact.php?shop=1488

GRAND ROSSOホームページ http://www.grandrosso.com/

ブログ http://grandrosso.blog48.fc2.com/

ツイッター http://twitter.com/grandrosso



〒671-1152 兵庫県姫路市広畑区小松町2-75
TEL:079-236-8000 FAX:079-236-8355
OPEN AM10:00~PM7:00 毎水曜日定休




スポンサーサイト



Category: 音楽

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する