FC2ブログ
2012 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. »  2012 03

不運のリアエンジン

 【04//2012】

兵庫県 姫路市の輸入車販売 【GRAND ROSSO】 グランロッソ「M]の日記



時は1964年、1台のスポーツカーが
産声を上げました・・・。


1964_Chevrolet_Corvette_XP-819_Rear_Engine_01.jpg

この独特のシルエット
どこかで目にしているハズです。

しかし、その目にしているはずの
クルマとは少し細部が違っておりますね。

こ、この不細工な顔は・・・。

どうやらここの部分は、
デザイン失敗というところでしょうか。

1964_Chevrolet_Corvette_XP-819_Rear_Engine_07.jpg

どう見ても
「醜いアヒルの子」に思えてなりません。

1964_Chevrolet_Corvette_XP-819_Rear_Engine_06.jpg

実は、これは「コルベット」

1964_Chevrolet_Corvette_XP-819_Rear_Engine_08.jpg

なるほどでしょ!

1964年といえば
通称「C2」のコルベットが
発表された翌年です。

当時のチーフデザイナーの
ラリーシノダ氏はすでにこの時点で
あの「コークボトル」を考えていたのですね。


後に「コークボトル」の
C3コルベットが登場するのは
1968になってからのことです。

1964_Chevrolet_Corvette_XP-819_Rear_Engine_04.jpg

こうして比べて見ると
かなりC2より低いです。

1964_Chevrolet_Corvette_XP-819_Rear_Engine_05.jpg

横から見ると
ちょっと長い・・
それもテールがだいぶんと。

1964_Chevrolet_Corvette_XP-819_Rear_Engine_03.jpg

この「コルベット」
普通のコルベットではありません。

なんと、なんとのリアエンジン!!

開発コード「XP-819」という
コードネームが与えられていました。

1964_Chevrolet_Corvette_XP-819_Rear_Engine_02.jpg

ボディをはがしてみると

page37_3.jpg

本当にリアにV8エンジンが
ど~んと載っかっていますね。

page37_2.jpg

この「コークボトル」のデザインは
当時のレーシングカーの
「シャパラル」から拝借されたのは
知る人ぞ知る事実・・・。

まあ、デザインは後に改良されて
世に出されるからいいのですが
この不運のコルベットには
もっと重大な問題を抱えていました。

それは、リアエンジンゆえに
前後の重量配分が、一説には
前30:後70とかという見事な
超テールヘビー・・・・。

想像は付きますが
スピードを出すと、フロントはふらふら
アクセルを踏むと、軽くウィリーする・・・。

公道を走ることは
やっぱり無理で、現実にはお蔵入りとなった
幻の「リアエンジン・コルベット」です。

アイデアは良かったのにね




ヴィンテージ&プレミアム輸入車 【GRAND ROSSO】

E-mail:http://www.grandrosso.com/src/search/contact/contact.php?shop=1488

GRAND ROSSOホームページ http://www.grandrosso.com/

ブログ http://grandrosso.blog48.fc2.com/

ツイッター http://twitter.com/grandrosso



〒671-1152 兵庫県姫路市広畑区小松町2-75
TEL:079-236-8000 FAX:079-236-8355
OPEN AM10:00~PM7:00 毎水曜日定休


スポンサーサイト



Category: 輸入車

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る