FC2ブログ
2011 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2011 07

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

やっぱり強いですわ・・・

 【27//2011】

兵庫県 姫路市の輸入車販売 【GRAND ROSSO】 グランロッソ「M]の日記



今回の東日本大震災にて被災された皆様、
そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



F1世界選手権第8戦
ヨーロッパGPの決勝レース、
昨日の日本時間21時から行われました。

場所は、アロンソの母国スペインの
バレンシア市街地サーキット。

市街地サーキットにもモナコのように
狭い狭いところもありますが、こちらは
広々とした道路に燦々と降り注ぐ太陽・・・。
気持ちのいいコースに見えました。

レース前日の予選は
こんな状況。

01. ベッテル(レッドブル)
02. ウェバー(レッドブル)
03. ハミルトン(マクラーレン)
04. アロンソ(フェラーリ)
05. マッサ(フェラーリ)
06. バトン(マクラーレン)
07. ロズベルグ(メルセデスGP)
08. シューマッハ(メルセデスGP)
09. ハイドフェルド(ルノー)
10. スーティル(フォース・インディア)
11. ペトロフ(ルノー)
12. ディ・レスタ(フォース・インディア)
13. バリチェロ(ウィリアムズ)
14. 小林可夢偉(ザウバー)
15. マルドナド(ウィリアムズ)
16. ペレス(ザウバー)
17. ブエミ(トロ・ロッソ)
18. アルグエルスアリ(トロ・ロッソ)
19. コバライネン(ロータス)
20. トゥルーリ(ロータス)
21. グロック(ヴァージン)
22. リウッツィ(HRT)
23. ダンブロジオ(ヴァージン)
24. カーティケヤン(HRT)

いつものことながら
レッドブル勢の強さは驚異です。
ここは地元のアロンソに
頑張ってもらいたいところです。


で、決勝スタート(内容はコピペります・・・)

レーススタート時の天気は晴れ、気温は28 ℃、路面温度は47℃、湿度は62%。タイヤサプライヤーを務めるピレリは、ソフトコンパウンド(オプション/ソフトタイヤ)とミディアムコンパウンド(プライム/ハードタイヤ)という2種類のタイヤを投入している。

24台のマシンがダミーグリッドを離れてフォーメーションラップを開始。ヴィタリー・ペトロフ(ルノー)、パストール・マルドナド(ウィリアムズ)、セルジオ・ペレス(ザウバー)はプライムを履いてのスタートを決めたが、それ以外はオプションを装着した。

各車がスターティンググリッドについたところで、57周のレースがスタート! 先頭のレッドブル勢はポジションを守ったがハミルトンは5番手に後退し、代わりにフェラーリ勢が3-4番手に浮上。可夢偉は13番手にポジションを上げてオープニングラップを終えた。

実に綺麗なコースですね 
10718_convert_20110627093856.jpg


レースは5周目に入ったが、上位勢では6番手のニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)のペースが上がらず5番手ハミルトンから4秒遅れ、背後にはジェンソン・バトン(マクラーレン)が迫る状況となった。メルセデスGPはDRS(ドラッグ減少システム/可変リアウイング)の効率が高いと言われており、ターン14からターン17までの2つ目のDRSゾーンでKERS(運動エネルギー回生システム)とDRSを併用してもバトンは前に出ることができない。それでも、6周目のホームストレートでスリップストリームを使い、ターン2へのブレーキングでロズベルグを料理。しかし、ハミルトンからの差は6秒に広がってしまった。

上位勢ではニック・ハイドフェルド(ルノー)、ルーベンス・バリチェロ(ウィリアムズ)、可夢偉が11周目を終えたところでピットイン! 可夢偉はプライムに履き替えてコースに戻った。12周目の終わりにはハミルトンが入り、再びオプションを装着。ロズベルグもオプションに交換した。可夢偉はピット作業でトロ・ロッソ勢に逆転されてしまい、15番手に落ちてしまった。

13周目を終えたところでウェバーがピットストップを実施し、第2スティントもオプションを選択。先頭を走るベッテルもフェラーリ勢もタイムが下がっており、14周目の終わりにベッテルとアロンソが同時ピットインし、翌周にマッサも続いた。しかし、序列は先頭ベッテル、2番手ウェバー、3番手アロンソと変わらず。ただ、マッサがハミルトンにかわされて5番手に落ちた。

15周目、シューマッハが
ルノーのペトロフに突っ込みます!!


10744_convert_20110627094010.jpg


21周目にはDRSを駆使してアロンソがウェバーをオーバーテイクし、2番手に浮上! これにはグランドスタンドに詰めかけたスペインのファンも大盛り上がりとなった。アロンソと先頭ベッテルのタイム差は3秒だ。

24周目の終わりにハミルトンが2回目のピットストップを実施し、オプションを履いて6番手でコースに戻った。上位勢ではウェバーが早めにピットストップを実施し、その後にタイヤを交換したアロンソを逆転! アロンソはピットレーン出口からコースに合流するまでの区間で加速が鈍ってしまったのがポジションを失った大きな要因と言えそうだ。先頭ベッテルも30周目にピットストップを行い、トップでコース復帰を果たした。

39周目にはベッテルが1分41秒926というファステストラップをマークし、2番手ウェバーとのギャップを3.4秒とした。アロンソはウェバーの1.7秒後方を走るが、なかなかタイムを詰められない。4番手のハミルトンはアロンソから23秒離されており、その6秒後方にマッサ、8秒後方にバトンが続いた。この時点で可夢偉は16番手を走行しており、すでにトップには周回遅れにされている。

プールに入って
「レッドブル」を飲みながら
レース鑑賞するお姉ちゃんたち

分かっとるんかいな・・・
10739_convert_20110627093937.jpg


ウェバーとアロンソの2番手争いは、最後のピットストップでもウェバーが先手を打った。しかしウェバーがコースに戻った際、前には15番手争いをする可夢偉とペトロフがバックマーカーになっていたこともあり、アロンソがピットストップで逆転を果たした!

その後、コース上ではペトロフが可夢偉をオーバーテイクして15番手に浮上するなどの出来事があったが、各車のポジションに大きな変動はなし。ベッテルはアロンソに12秒差をつけてファイナルラップに入り、トップチェッカーを受けて通算16勝目を達成した! 2位に地元期待のアロンソ、3位にウェバーが入っている。


やっぱり、この兄ちゃんの独走は
止められない??


10726_convert_20110627093908.jpg


4位にはハミルトンが入り、以下マッサ、バトン、ロズベルグ、ハイメ・アルグエルスアリ(トロ・ロッソ)、エイドリアン・スーティル(フォース・インディア)、ハイドフェルドまでが入賞。唯一の1ストップ作戦で入賞を狙ったペレスは惜しくも11位だった。以下バリチェロ、セバスチャン・ブエミ(トロ・ロッソ)、ポール・ディ・レスタ(フォース・インディア)、ペトロフ、可夢偉、ミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)、マルドナド、ヘイキ・コバライネン、ヤルノ・トゥルーリ(共にロータス)、ティモ・グロック、ジェローム・ダンブロジオ(共にヴァージン)、ビタントニオ・リウッツィ、ナレイン・カーティケヤン(共にHRT)と続いている。今回のレースではリタイアしたドライバーが1人もおらず、24台が完走。これは出走した20台がすべて完走を果たした2005年イタリアGP以来のことだ。


地元スペインで
表彰台に上がったアロンソ。
嬉しいよりも、ほっとしたでしょうね

10743_convert_20110627093954.jpg


6戦連続で入賞を果たしていた可夢偉は、失格になったオーストラリアGPを除くと今シーズン初めてノーポイントでレース週末を終えている。

ファステストラップを刻んだのはベッテルで、53周目に1分41秒852をたたき出した。


さあこれで、現在のポイントランキングは


1.セバスチャン・ベッテル 186(ポイント数)
2.ジェンソン・バトン 109
3.マーク・ウェバー 109
4.ルイス・ハミルトン 97
5.フェルナンド・アロンソ 87
6.フェリペ・マッサ 42
7.ニコ・ロズベルグ 32
8.ヴィタリー・ペトロフ 31
9.ニック・ハイドフェルド 30
10.ミハエル・シューマッハ 26

ん~・・・ちょっと独走気味です。
ベッテルの兄ちゃんには悪いけど
2.3戦リタイアしてくれれば・・・。
面白くなるのですけどね




ヴィンテージ&プレミアム輸入車 【GRAND ROSSO】

E-mail:http://www.grandrosso.com/src/search/contact/contact.php?shop=1488

GRAND ROSSOホームページ http://www.grandrosso.com/

ブログ http://grandrosso.blog48.fc2.com/

ツイッター http://twitter.com/grandrosso



〒671-1152 兵庫県姫路市広畑区小松町2-75
TEL:079-236-8000 FAX:079-236-8355
OPEN AM10:00~PM7:00 毎水曜日定休


Category: F1

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。