FC2ブログ
2010 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2010 11

F1日本グランプリ フリー走行編

 【12//2010】

兵庫県 姫路市の輸入車販売 【GRAND ROSSO】 グランロッソ「M]の日記



一夜明けてフリー走行の日になりました。
天気は夕方から雨が降り出すかも?という
晴れたり曇ったりという空模様です。

実際にレースを観戦するのは
曇り空が一番なんですが、その後に控える
雨がチョット心配です。

フリー走行がはじまり、まず一番をきって
コースに飛び出したのは、メルセデスGPの
ミハエル・シューマッハでした。

IMGP2902_convert_20101011150900.jpg

続いて、鈴鹿2連覇を狙うレッドブルの
ベッテルがコースに向かいます。

IMGP2904_convert_20101011150931.jpg

同じくその後、すぐにウェバーも
ピットをあとに走りだしました。

IMGP2907_convert_20101011150954.jpg

そして、マクラーレンのハミルトン。
ここからのスタートシーンのマシンの
アフターファイアーをともなう加速と
サウンドは絶品です。

IMGP2913_convert_20101011151016.jpg

続いてジェンソンバトンも出撃開始。

IMGP2917_convert_20101011151041.jpg

だいたい1周目は、マシンの様子を確かめて
メインストレートは通過せずに、そのまま
ピットに帰ってきます。

シューマッハのおかえりです。

IMGP2922_convert_20101011151132.jpg

ハミルトンも帰ってきました。

IMGP2926_convert_20101011151159.jpg

ちょっとメンテナンス後、この2台のマクラーレンは
第一コーナーへと爆音を轟かせて・・・


IMGP2936_convert_20101011151221.jpg

と、大型ビジョンに映し出されたのは
フロントサスペンションが完全にやられた
ハミルトンのマシン・・・。


IMGP2946_convert_20101011151244.jpg

午前中のフリー走行1回目で
いきなりのアクシデント発生です。
マーシャルに連れられて移動するハミルトン。
この数分前は、壁にもたれてボー然となっていました。
他のドライバーにトラブルはなく
午前中のフリー走行は終わりです。

IMGP2947_convert_20101011151307.jpg

フリー走行の最後の周回には
各車スタートの練習を開始します。

各車、それぞれ一旦マシンをスタートラインにとめ
前回で加速して行きます・・・。

これは、ザウバーのニック・ハイドフェルドです。


IMGP2962_convert_20101011151330.jpg

こちらはウィリアムズのマシン。
F1会の「鉄人」ととばれる
ルーベンス・バリチェロのスタートです。

IMGP2964_convert_20101011151422.jpg

ヴァージンレーシングや
レッドブルのウェバー

IMGP2965_convert_20101011151447.jpg

ウィリアムズのニコ・ヒュルケンベルグに
黄色いルノーのマシン

IMGP2967_convert_20101011151509.jpg

フォースインディアに
フェラーリの赤いマシン

IMGP2968_convert_20101011151531.jpg

次々と全開加速していきます。

IMGP2971_convert_20101011151554.jpg

サウンドで特徴的なマシンは
黄色いルノーのマシン。

各車、爆音には違いないのすが
ひときわやかましいという表現が
ピッタリとくるルノーエンジンの
独特のサウンドが目立っておりました。

IMGP2979_convert_20101011151614.jpg

皇帝シューマッハもグリッドに到着。

IMGP2983_convert_20101011151636.jpg

このグリーンのロータスは
ヘイキ・コバライネンが乗っています。

ロータスのコスワースエンジンも
どちらかというとやかましい系の
目立つエンジンサウンドです。

IMGP2984_convert_20101011151653.jpg

黄色いルノーに乗るのは
ロシア人ドライバーのペトロフ。

IMGP2985_convert_20101011151714.jpg

そうこうしていると
マクラーレンのハミルトンのマシンが
クレーンによってピットまで運ばれてきました。


午前中のフリー走行1回目は
ハミルトンを残して他の全員が
走りました。


お昼からはフリー走行の
第2回がはじまります。

IMGP2998_convert_20101011151737.jpg




フリー走行2回目で
最初にコースインしたのは
フェラーリのアロンソ、続いてマッサ。

IMGP3026_convert_20101011151754.jpg

レッドブルの2台も出動開始。
それにしてもレッドブルのマシンは
鈴鹿のコース用に作られているかのように
見事な安定感です。

IMGP3027_convert_20101011151816.jpg

雲行きも怪しくなりはじめ
各車次々とコースイン。

ひょっとすると
翌日は雨でコンディションが
最悪状態になり、走れないかもと
セッション終了10分前くらいになると
ほとんどのマシンが調子を確かめに走ります。

そんな中で、シューマッハがよもやの
コースアウトを・・・。

マシンにトラブルは発生しておらず
そのまま走行を再開です。

そしてタイムリミットでシグナルが
赤色に点灯します。

つづいてお待ちかねのスタート練習です。

皇帝シューマッハは
やはり懐かしい「最前列」にマシンをとめます。
停めるまでにも、ファンサービスでストレートを
リアを振りまわしながらグリッドにつくあたり
さすが、ショーマンです。

IMGP3037_convert_20101011151834.jpg

マクラーレンのバトンです。

IMGP3055_convert_20101011151855.jpg

やっぱりPPのポジションでスタートの
練習をするのは、レッドブルのベッテル。

IMGP3071_convert_20101011151943.jpg

ベッテルのヘルメットは
鈴鹿グランプリ仕様で
真ん中に「日の丸」入りです。

本日のフリー走行1回目、2回目終了です。



ヴィンテージ&プレミアム輸入車 【GRAND ROSSO】

E-mail:http://www.grandrosso.com/src/search/contact/contact.php?shop=1488

GRAND ROSSOホームページ http://www.grandrosso.com/

ブログ http://grandrosso.blog48.fc2.com/


〒671-1152 兵庫県姫路市広畑区小松町2-75
TEL:079-236-8000 FAX:079-236-8355
OPEN AM10:00~PM7:00 毎水曜日定休

スポンサーサイト



Category: 輸入車

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る