FC2ブログ
2010 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2010 10

ライコネン復帰近し

 【16//2010】

兵庫県 姫路市の輸入車販売 【GRAND ROSSO】 グランロッソ「M]の日記



つい先日まで、WRC(世界ラリー選手権)の
第10戦ラリージャパンで日本の北海道にいた
キミ・ライコネン。

raikkonen-redbull.jpg

昨年、フェラーリとの契約を1年繰り上げて
解消し、ラリー界で腕試しをしておりましたが
急遽、2011年にF1に帰ってくるとの噂が。

F1を出ていくときに、勝てるマシンとチームで
ないとF1には帰ってこないと明言していました。

大方の予想では、現在のレッドブル・レーシングチームから
ウェバーのシートと交代して出場かと思われましたが
今回、ライコネンが興味があるのは、「ルノー」。



ちょっと関連ニュースをコピペますと


キミ・ライコネンが、2011年にF1復帰についてルノーに接触したことが明らかになった。

WRCに参戦するキミ・ライコネンは、来年もWRCを継続するとみられていたが、
AUTOSPORT はライコネンがF1復帰に関心を抱いていると報道。

情報筋によると、ベルギーGPでのルノーの印象的なパフォーマンスにより、
ライコネンが契約をまとめるためにルノーにアプローチしたという。

ただし、ライコネン自身がルノーと話をしたのか、マネジメントによって行われたかは
明らかになっていない。

ライコネンは、かねてから競争力のあるクルマに乗れるのであれば、F1に復帰すると主張していた。

だが、ルノーはライコネンとの事前交渉を急いではおらず、現在のドライバーである
ヴィタリー・ペトロフがチームの要求に応えられるか猶予を与えている。

ルノーのチーム代表エリック・ブーリエは、ライコネンがチームに接触し、
2011年のロバート・クビサのチームメイト候補であることを認めた。

「夏が過ぎ、多くの問い合せがあるのは事実だ。あなたが言及している
ドライバー(ライコネン)もレーダー上にいる」

「彼は我々と連絡してきたので、レーダー上にいる」

エリック・ブーリエは、ヴィタリー・ペトロフがレース週末を通しての
一貫性を改善できるのであれば、来年もペトロフを保持すると語っている。

ヴィタリー・ペトロフがライコネンよりも良いオプションである
ルノーに思わせるには彼は何をしなければならないかと問われたブーリエは
「正直、彼はそれほど離れてはいない」とコメント。

「彼にとって、完全な週末をおくることはまだとても難しい。
それが彼が集中して取り組み、彼の責務と貢献を発展させる必要がある場所だ」

エリック・ブーリエは、ヴィタリー・ペトロフの魅力のひとつは
ロシアでの商業的な可能性であり、ライコネンを採用することに決めた場合、
ルノーはアプローチを変更しなければならないだろうと語る。

「チームにとって異なる戦略だ。つもり、個性やワールドチャンピオンシップか
という問題ではない。異なる戦略だ」

「2人の経験豊富なドライバーがいる場合よりも、ルーキーを起用し
サポートする場合は異なる取り組みになる」

「それについて我々は考える必要がある。しかし、プライオリティーは
ヴィタリーであり、彼がどう成長するかを見ることだ。我々が確信すれば、
彼をキープするだろう。それが最初のオプションだ」

「しかし、いくつか他のオプションもある。それらのひとつがキミだ」

エリック・ブーリエは、ルノーの2011年のドライバーラインナップは
シーズン終了前に決定するだろう・・・ということらしいです。

100901KR.jpg

シューマッハも来年はマシンを完調な自分用のセットアップで
入賞を狙ってくるでしょうし、もしもライコネンが復帰するとなれば
ワールドチャンピオンが入り乱れてのグランプリ争いになりますね。

ライコネン&ルノーは実現するのか?
本当に実現すれば、またF1が楽しくなりますね



ヴィンテージ&プレミアム輸入車 【GRAND ROSSO】

E-mail:http://www.grandrosso.com/src/search/contact/contact.php?shop=1488

GRAND ROSSOホームページ http://www.grandrosso.com/

ブログ http://grandrosso.blog48.fc2.com/


〒671-1152 兵庫県姫路市広畑区小松町2-75
TEL:079-236-8000 FAX:079-236-8355
OPEN AM10:00~PM7:00 毎水曜日定休


スポンサーサイト



Category: 輸入車

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る